2008年07月02日

再引っ越し

 やっぱここ(Seesaa)は何かと使いづらいので、軽いFC2に移ることにしました。引っ越し先は、以下になります。

http://socialdead02.blog39.fc2.com/

 ここの記事はほぼ全て移してありますが、ここも一応、そのまま残しておくつもりです。そういうわけで、新居の方でよろしくお願いしま〜す。
posted by SocialDead at 13:30
| 雑記

2008年04月04日

ひどいよ、Microsoft!!正規購入品のWMVファイルがWMPで再生出来なかった話

(※Googleとかでここに来た人のための前置き)
 この記事はトラブル直後に衝動的に書いたものです。一応、別途情報的にまとめてある記事がありますので、そういう情報が欲しい方は、こちらをご覧下さい。


 つい先日、Windows(XP)を再インストールした。要因は色々あるのだけど、一番の原因は、システムが不安定になりすぎて、バックアップ用に接続してたリムーバブルディスクが認識されなくなったため。ちなみに、このトラブルの最中、バックアップ用のハードディスクが1つお亡くなりになりました・・・(涙)

 まあとにかく、バックアップ用のハードディスクが認識されない、なんて状況自体がかなりひどいワケで、何だかんだ迷った挙げ句、Windowsの再インストールに踏み切ったわけです。

 バックアップ用のハードディスクは、何とか力業的に認識させて(単純に、マシンの電源入れる前から接続しただけ(^_^;)、Windowsフォルダ以外のほとんどのファイルをコピー。そしてWindowsの再インストール。途中、2TB(2000GB/500GB×4でRAID0構築のため)のマシンのハードディスクを、半分ずつにパーティションを分けた以外は、システムの変更なし。そんなわけなので、単純にバックアップしたファイルを戻せば、ほとんど元に戻ると踏んでたわけですが・・・

 まあ、こういうこと(Windowsの再インストール)して、ホントに元の環境が戻る、ということはナイのは、経験上知ってます。ただ、憤慨させれたのが、正規購入品のWMVファイル(動画/DRM付き)が、全然正常に再生されなかったこと・・・

 WindowsXPのCDに最初から入っているWindowsMediaPlayer9(WMP9)で最初再生しようとしたら、「不明なエラー」と出て再生できない。Web上のヘルプを見ても、英語で「該当情報はありません」なんて出てくる始末。しょうがないので色々ググって(Google検索して)いたら、バージョンアップすればいいかも?という情報を見つけたので、WMP10にアップ・・・しかし、再生されない!!

 この時のエラーメッセージには、「0xC00D11CD」の文字。しかし、これもまた、Webヘルプで詳細が書かれていない!しかたないのでググってみると、ほとんど有用な情報が見あたらない!どうもこのエラーID「0xC00D11CD」というのは、かなり色々なトラブルがあるようで、しかも途中で「このエラーを直せた人はほとんどいない」などという情報がひっかかるような始末!・・・ひどいよ、Microsoft・・・・・・こんなエラーをそのままにしておくなんて・・・

 もうこうなったら仕方ない。イヤだけど、最新のWMP11にしちゃえ!と思って、実際にインストールしたら・・・なんと、これまた再生されない!「え〜、どうなってるの〜!?」と、マジ怒りモードになりつつ、Webヘルプを見たら、今度はちゃんと表記されてたけど・・・「サウンドドライバがおかしい!?」なんて書かれてる始末。色々な経験上&マシンの現状を考えつつ、「これはあり得ない!!」と断定し(実際、そうだった)、新たに出てきたエラーID「C00D11B1」でググって見る。

 そうすると・・・やっぱりというべきか、原因は「あまりにもきつすぎる&ひどすぎる」MicrosoftのDRMの仕組みが原因だった。具体的には、前の環境のファイルをほとんどそのままバックアップ&復元したことで、前の環境に残っていたDRM関連のファイルが、この誤動作を引き起こしていたのだ。

 このDRM関連のファイルとは、具体的には以下の場所。

  C:\Documents and Settings\All Users\DRM

 上記のフォルダの中身を全て削除すれば、DRM付きのWMVは正常に再生されたのでした・・・(もちろん、DRM解除のID/PASSWORDは必要)。ちなみに、WMPを10に戻しても、これは大丈夫だったのでした・・・・・・


 とにかく、この記事で結論的に言いたいことは、

「ひどいよ、Microsoft!!」

・・・ということです。単純に、正規購入品の動画を、自分の環境をちょっといじっただけで再生できない、って事自体がひどい!ひどすぎる!!そもそも、このWMVのDRMの造り自体が、あまりにも堅苦しすぎる!!!

 ・・・DRMについて、知っている例を挙げると、Appleの音楽配信サイトiTunesStoreの購入曲なら、ネット経由で登録したマシン5台まで共有&再生が可能だし、上限の5台に至った時は、全てのマシンの登録を解除できるという(ただしこれは1年に1回という制限付き)、「それなり」に寛大な造りなのである。更に言うと、Appleは「iTunesPlus」という所で(iTunesStore内)、全くDRMがかかっていない音楽ファイルも販売しているのである。数は少ないが、日本でもこの試みは始まっている。また、世界的な動きのひとつとして、米amazonが「Amazon MP3」というMP3ファイル販売(MP3はそれ自体がDRMの仕組みがない)サイトを正式に開始し、しかも他国でもやるというニュースも流れているのである。これだけでも、少なくとも音楽配信については、「DRM廃止」が世界的な流れになりつつあるのである。

 ・・・そういう状況に比して、いったいMicrosoftの頑なまでに強力なDRMシステムは何なんだ!?と、大声で言いたい。動画と音楽じゃ事情が違う、という話もあるかも知れないが、それにしても、「正規購入」したファイルを「私的範囲内で」再生するのに、上記のような超苦労をさせられたのである。これで「怒るな」と言われる方がひどいだろう。もうホント、いい加減にして欲しい、Microsoft・・・・・・(ホントに超怒りモード!!)
posted by SocialDead at 03:45
| 雑記

2007年10月10日

P5VC-MX R2.0でCore2Duo E4400への換装・・・苦労したぁ(__;)

 前の記事にちょっと書いているが、私はいわゆる自作マシンを使っていて、そのマザーボードはASUSのP5VDC-MX R2.0というものを使っている。このマザー、最近はやりのCPU「Core 2 Duo」に対応しているというのがうたい文句のひとつなので、今まで使っていたCeleron D 352(3.2GHz)から、Core 2 DuoのE4400(2.0GHz/FSB800MHz/L2=2MB)に換装することにしたのだ。

 ところが・・・正直かなり苦労したぁ〜!CPUクーラー(LGA775Socket)の取り外し方からまずわかんなかったし(インテルのPentium4サイトに、そのへんの工程を示した動画があります)、無事にクーラーとCeleronを取り外してCore2Duoを入れたあと、なんとCPUクーラーがうまく入ってくれない!試行錯誤しても、結果的に無理矢理やっていたせいで、固定する穴に入るはずのプラスティック・ピンがつぶれたりする始末(__;)結局、マザーボードをケースから外すはめになったりしたのだが、その後になってようやく、ピンの部分がちゃんとはめ込む際の状態になってないことに気づく有様だった・・・(プラスティック・ピンの中央の黒いピンが最初は上に上がっていなければいけないのだが、下まで下がってしまっていた)

 そういうわけで、何とかCPUクーラーを取り付け、マザーを戻し、配線もやり直して、やっと電源投入。ところが・・・画面に何も表示されない!それどころか、マシンの電源ランプすらついていない!そ、そんなぁ・・・

 この一連の作業をする前に、あらかじめ今回のCPUに対応するBIOSのバージョンを調べ、それでその対応バージョン以上の0803というバージョンのBIOSを入れておいたのに、この有様である。この時点で、私は「ひょっとしたら、BIOSアップデートをしていたのが、逆に悪かったんじゃないか?」と思い、CMOS(BIOSなどが書かれている領域)をクリアして、初期状態に戻すことを試みた(こういった事は基本的にマザーボードのマニュアルに書いてあるが、今回参考にしたのはこちらのサイト)。しかし・・・結局、同じ症状のまま(何も表示されない)で、結果的にその日はCeleronに戻して換装はあきらめてしまった。

 しかし、このCeleronへ戻す時、やってはいけないミスを犯してしまった!何と、CPUクーラーの電源ケーブルをつけ忘れていたのである!!当然、マシンは立ち上がった直後、すぐに強制終了してしまった。すぐに気づいて、CPUクーラーの電源をつなげたものの、結構Celeronが高熱になってしまったらしく、しばらく電源を入れては強制終了する、なんて状況が続いた。正直この時点では、パソコン全体が壊れたことを覚悟し(少なくともCPUとマザーは)、とりあえずCPUが冷えるのを待ってみる一方で、「明日朝いちで新宿にでも行って、マシンを購入しようか・・・」などと考えていたりしたのである。正直、この時間が個人的には一番深刻な状態だった。実際、信頼しているパソコンショップ「ドスパラ」の店舗情報を得ようとして、普段全然使わない携帯のネット(auのEZ Web)を使って、色々検索していたくらいである(しかし私の携帯に、肝心のドスパラの携帯サイトが対応していなかった(__;)。この間、自分を落ち着けるため、音楽を聴いたり、シャワーを浴びたり、色々やってみたが、正直心落ち着かないことこの上なかった。そして、疲れ切って「明日にしよう」と思った間際、「最後にもう1度だけ」と思って、祈りつつマシンの電源を入れてみたら、何とか無事に立ち上がってくれたのであった・・・(ほっ(;・・ヘ))

 次の日、Celeronで普通に立ち上がったりしてる以上、CPUそのものが初期不良で壊れていると思い至り、買った店のサポートダイヤルへ交換依頼の電話をすることにした。しかし、その電話がオペレーターへつながれる順番待ちの時点で、ちょっと立ち止まった。それというのも、作業用に出していたマザーボードの箱に、サポートダイヤルの案内が貼ってあったのに目が止まったからである。一応、購入自体は正規の手順を踏んでいるが、直接そのサポート元の会社(「ユニティ」というところ。私のマザーボード製造元であるASUSの日本代理店らしい)から買ったわけではないので、期待できないことは十分に承知していたのだが、それでも正直CPUが壊れているという可能性は薄い気がぬぐえなかったので(今までのPC自作の経験上的にそう考えた)、思い切ってそのサポートダイヤルに電話してみた。

 そしたら・・・サポートダイヤルの方の対応は、想像以上に丁寧で優しかった。個人的には、正直これだけでも相当癒されたし(笑)この時点ですでにもう、次回マザーを買う時も、またASUS(「ユニティ」のサポート付き)にしようと決意したぐらいだった。・・・それはともかく(^_^;、このサポートダイヤルへの電話の中で、新事実が発覚したのだ。CPUで、同じ「Core 2 Duo」といっても色々分類があり、私のは特に、L2キャッシュ(CPU内のメモリ)というものを内蔵したCore 2 Duoだった。そして、私のマザーボード(ASUS P5VDC-MX R2.0)の場合、L2搭載モデルのCore 2 Duoを使用するには、BIOSのバージョンが0805以降でないとダメだったのだ!!

 こういった諸々の情報を聞いて、基本的にはダメもとと思いながらも(そうすれば、ホントにダメに終わってもショックが少なくて済むから。私が昔からしてる心理防御対策です(__;)、再々挑戦。まずBIOSを0805にしてから、電源を切って再びCPUをCore 2 Duoに換装。今度はCPUクーラーの設置は問題なし。そして接続等を直して電源を入れてみると・・・やった!見事に画面が表示され、Windows(XP)も問題なく立ち上がったのだった(^_^)

 このCPU換装で起こった出来事といえば、最初の電源投入時、CPUクーラーのエラーが出たことと(1回電源を切ってケース内のケーブルを整理したら、すぐ直ったが)、Windows XPが換装後に立ち上がった時、CPUが変わったことを自動的に関知して、新しいCPUのためのドライバが導入されて再起動をうながされた事ぐらい。もちろん、再起動後はちゃんとWindowsは「Core 2 Duo」本来の動きをしてくれていた(これを確かめる一番簡単な方法は、Ctrl+Alt+Delで「タスクマネージャ」を呼び出し、「パフォーマンス」の項をチェックすること。Core 2 DuoはCPUが2つあることと同意なので、正常に動作していれば、「パフォーマンス」の項にCPU2つ分のグラフが表示される)。

 まあとにかく、正直言ってかなり苦労したが(ほとんどが私の間違い&おっちょこちょい&勉強不足に起因するけど(__;)、何とか形になったので正直かなりホッとしている。Core 2 Duo(E4400)に換装した後、面白がって色々と重い動作をするソフトを複数作業させたりしてみたのだが、少なくとも私が使っている範囲のソフトでは、全然問題は起きなかった。・・・というか、そういった重いソフトが複数動作している状態で、ウィンドウを切り替えたり、ネットをしたりしていても、全然フリーズしたりしないでストレスなく動いている状態に、正直ジェネレーション・ギャップに近いような驚きを感じている。ただ・・・正直まだ不安なのは、「ちゃんと安定して動いてくれるか?」という疑いがなかなか晴れないことだ。何しろ今回の作業には、最低ここまで記した分だけの、かなりの苦難が含まれていたので・・・(..;)とりあえず、またしばらくこのブログの更新とかが出来なかったら、それはマシンが壊れたからと思って下さいな(爆)
posted by SocialDead at 14:34
| 雑記

2007年09月29日

舞い戻ってきました(笑)

一時、ここ(Seesaa)の処理速度の遅さに辟易したため、FC2へ引越を敢行したのですが、アクセス解析を見ていると、結構ここってそれなりにアクセスがあるみたいで・・・(^_^;こういう状態で、ほとんど同じ内容のブログが2つ併存してるのも何か変ですし、読者様の迷惑もかかるでしょうから、結局ここに舞い戻ることにしました(笑)そういうわけで、またここをよろしくお願いしま〜す!わーい(嬉しい顔)

P.S. 一番の理由は、すっかり忘れていたアフィリエイト(広告)リンクの収入がいきなり入ってきたことなんですけどね(爆笑・でも1500円程度(^^ゞ)正直、このブログに貼ってあるアフィリエイトの理由の9割以上が「自分OK」のものを使って、自分の買い物を少しでもお得にするためだったので、昔々に貼ったアフィリエイト・リンクで今更収入が発生するとは思いもよりませんでした(・・ )( 。。)
posted by SocialDead at 16:21
| 雑記

2007年04月17日

10年ぶりの自作PC製作チャレンジ(予定)!6年前のパソコンをどこまでパワーアップ出来る!?

 え〜、ご無沙汰しております。最近、睡眠リズムもままならず、肉体的にも精神的にもつらい日々を送っている毎日です。

 そんなストレスたまる日常に何とか潤いのエッセンスを加えたい・・・なんて考えた結果、衝動買いに走ってしまいました!(笑)購入したものは、タイトルでおわかりのとおり、パソコンのパーツです。

 これもタイトルに書いてますが、実は私、約10年前にちょっとだけ社会人(ってもフリーター待遇。でも社員以上に働いてました)した時、IT系の何でも屋的会社で、パソコンを1人で何十台も作ってた経験があるんです。

 あの頃は今と違って、まだメーカー製のパソコンを買うより、自作した方が安く仕上がる時代でした。でも苦労も多かったなぁ〜。当時勤めてた会社で扱っていたマザーボードは台湾の「I will」ってとこのもので、これの不良率が高い高い!5枚に1枚は何だかの不具合が起きてて、大変でしたね〜。ある時なんか、組上がってから、いざWindows(95)をインストールしてみたら、インストール途中で止まってしまって、散々悩んだ挙げ句マザーボードを交換してみたら全然大丈夫、なんてこともあって、ホントあの頃は苦労させられました。

 それ以外にも、あの頃は今は標準以下のスペックとなってるCD-ROMドライブすらそんなに普及してなくて、特に書き込みができるドライブなんかは10万以上もしてた!今、CDはもちろん、DVDの読み書きが出来るドライブが5千円程度で買えるのを考えると、ホント時代は変わったなぁ〜って感じです。

 おっと、話がだいぶそれちゃいましたね。とにかくそういうわけで、10年ぶりのPC製作に取りかかろうとしているわけです。まだパーツ自体が届いてない状況ですけど、以下が現在のPCのスペックと、生まれ変わるPCのスペックになります。

☆現行スペック(元はSOTECの2001年発売製品)
 OS:インストールCD無しのWindows XP
 CPU:Intel Pentium4 1.6GHz
 メモリ:512MB(256MBから拡張)
 HDD:UltraATA 60GB+80GB(80GBは後から追加)
 光学ドライブ:Ultra ATA DVDスーパーマルチ LG GSA-4167B バルク(CD/DVD-Rドライブを換装)

★新マシン・スペック
 OS:Windows XP SP2 DSP(OEM)版(FDDとのセット)
 CPU:Intel Celeron D 352 512KBキャッシュ
 マザーボード:ASUS P5VDC-MX R2.0 MicroATX
 メモリ:ノーブランド DDR2 SDRAM 533MHz 1GB(512MB×2)
 HDD:日立製 SATA 160GB
     UltraATA 60GB+80GB(前マシンから流用。サブ&バックアップ用)
 光学ドライブ:Ultra ATA DVDスーパーマルチ LG GSA-4167B バルク(前マシンから流用)

・・・と、こんなところです。ちなみに、私のPC使用の主目的はネットサーフィン&メール程度なので、上記スペックで十分なわけです。それと、ケース&電源は、以前Silent King 4という電源を買った時にSOTECのケースから新ケース&Silent King 4に中身を入れ替えてるので、今回はそれをそのまま流用します(電源以外の中身だけ変えるってことです)。


 そんなわけで、今から色々いじって遊ぶのが楽しみでしょうがないわけですが、失敗したと思ったのが、「そんなにすぐ遊びたかったら、ネット通販で買わなきゃよかった!」ってこと(..;)。パーツを買った店から、納期が5〜7日後っていう返答が来たんですよね〜。上記ぐらいの購入だったら、新宿なり秋葉原なりに行って買ってくればよかったと、今更ながら後悔してます。

 まあとにかく、新しくPC製作・・・というよりは、今のPCを大幅スペックアップっていう計画なわけですが、果たしてどれだけ早くなるのか、今から楽しみで仕方有りません(^^)この製作経過は、逐一ブログに書き込んでいく予定ですので(無事に組み上がればという前提ですけど(^_^;)、特に自作PCに興味ある方なんかは、よかったらチェックして下さいね(^_-)-☆

タグ:自作PC
posted by SocialDead at 15:27
| 雑記

2006年11月19日

スカパーでのWOWOW放送の基本情報

 一昨日書いたとおり、昨日スカパーのカスタマーセンターに電話して(意外と早くつながった)、スカパーでのWOWOW放送についての情報を聞き出した。一応、一昨日の記事に書いたこと(公式サイトでの情報が足りない等)もクレームしといたが、少なくとも対応してくれたオペレーターは素直に聞いてくれたので、正直こちらも助かった。

 ・・・前置きはこのくらいにして、スカパーにおけるWOWOW放送の基本的な情報は、以下の通りである。

<1> 12/1より放送開始。放送内容はアナログBSのWOWOWと同じ。
<2> 毎月の視聴料金は¥2100で、なおかつ最初に加入料¥3150を取られる。ただし、スカパーでの開局キャンペーンとして、12月末までに契約すれば、12〜1月は加入料込みで¥980で視聴できる。
<3> 開局キャンペーン時の契約も含めて、1度契約して後日解約した場合、1年以内に再契約すれば加入料は発生しない。逆に言うと、1年以上経ってしまったら、その都度加入料¥3150を支払わなければいけないということ。

・・・という具合である。とりあえず開局キャンペーンだけ見ても、年末年始でコンテンツが充実するおいしい12〜1月という時期を、¥980で見放題というだけでもかなりおいしいファクターだと個人的に思っている。そんなわけで私は早速契約しちゃいました(笑)まだWOWOWのチャンネル(330ch)ではカラーバーが表示されるだけですけど、12〜1月の放送予定として、桑田さんのAAAライブ生中継や、「やっぱり猫が好き」の深夜放送時から大ファンの三谷幸喜さん脚本の舞台の放送、更に「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」や「宇宙戦争」、スターウォーズ全作品放送など、結構おいしいコンテンツが目白押しなので、今から見るのが楽しみな私なのでした(^.^)
posted by SocialDead at 06:04
| 雑記

2006年11月17日

スカパーにWOWOWが参入!「不倶戴天」の敵同士が手を組んだ!?

 スカパーに今度、WOWOWが参入するらしい。サッカーをはじめ、色んなコンテンツの放映権を巡って対立してきた、すなわち「不倶戴天」の敵同士であるという印象が強い両者がお互い手を組んだというのである。

 具体的には、スカパーの330chで、アナログ波のWOWOWと同等の内容が見られる(らしい)「WOWOWチャンネル」が、12月1日から開局されるのである。しかも放送開始キャンペーンとして、12〜1月の2ヶ月間を980円で見放題!という、スカパー視聴者には嬉しい特典もあったりする。

 ただ・・・実を言うと、現時点で私自身が把握している情報はこれだけである。このニュースは、今日届いたスカパーの月刊PR誌である「CLUBスカパー!」を読んで初めて知ったのだが、ここまで書いてきた「スカパーにWOWOWが参入!」という事に触れた記事やニュースが、ネットを検索してもほとんど見あたらないのである。ようやく見つけたのは、「+D」サイトのこの記事ぐらいで、、WOWOWやスカパーの公式サイトには言及らしい言及は「全く」と言っていいくらい無い状況だ。

 とにかく、今日はもうスカパーのカスタマーセンターが閉まってしまったので、この件については今日の所はここまでにしておく。明日電話攻勢をかけて、詳細を聞き出すつもりなのだが、私と同様に「スカパーにWOWOW参入!」という事実にびっくりしている人は少数派ではなかろうから、なかなかつながらない事態になりそう・・・(゜ペ)ウーン しっかしスカパーも、社会的な見地から一視聴者の視点まで、ほぼすべての側面において大事件なこのことを、少なくとも公式サイト上ぐらいではちゃんと説明を載せて欲しいものである。PR誌で発表した後になっても、公式サイトには何の発表も言及もないっていうのは、正直順序が逆って気がぬぐえない。そのへん、どうなんですかね?スカパーさん??
posted by SocialDead at 23:55
| 雑記

2006年08月26日

24時間テレビをもっと「冷静」に見るべきだ!!

 「半分」ほどではあるが、久々に「怒り」の投稿。その矛先は、現在放送中の日本テレビ主催の「24時間テレビ」だ。

 この番組、今日の朝日新聞夕刊に載っていた情報によると、78年からやっている長寿番組で、多い年には10億円以上もの募金を集めるという。かくいう私も、小学生の頃、イベントをやっていた渋谷の109に、貯金箱を持って行った記憶がある(ただ行ったタイミングが遅過ぎて、イベントをやってないどころか、係員らしき人すらいなかった。まだその頃の渋谷は、深夜になれば人通りが激減する「普通」の街だった)。

 しかし・・・最近になって耳にした話なのだが、福祉関係の仕事に就いてる人の「証言」として、「24時間テレビから寄付された福祉車両は、えらく使いづらい」ということを聞いた。つまり、10億もの大金を集めながら、きちんと「生きた」使い方をされていない、ということなのである。

 そしてここ数年の番組の定番となっている、例の100km超のマラソンを芸能人が走るという企画。企画者や「感動する」なんて言っている人達に問うてみたいのが、「その行為に何の意味があるのか!?」ということである。マラソンという競技は、普段プロとして生業にしてる人ですら、コンディションによってはリタイアすることが珍しくない競技なのに、その普通の「倍以上」もの距離を、十分な準備もトレーニングもする余裕のない「それなりに有名な芸能人」が走る・・・はっきり言うが、これって「無謀な行為」以外の何物でもない。

 そんな「無謀」なことを敢えてする目的は、断罪的に言ってしまえばただひとつ。平たく言えば、「ねぇ、感動するでしょ!?泣けるでしょ!?」と、視聴者に訴えているのだ。

 24時間テレビには、このマラソンを中心に、そういった「感動して、して!」とテレビ局が言っているかのような企画が目白押しだ。今日も含めて、私はこういった「裏側」の空気を読み取ってから見る気もしないので確たることは言えないが、例のマラソンでは、中継してない間に車で移動してたりだの、戦地へ有名芸能人が危険を顧みずレポート取材、なんて企画でも、全然「危険」な所へ行っていないだの、毎年そういった「影」の部分の噂が絶えないのが実情だ。


 ・・・まあ、こういった企画で感動するかどうかは、はっきり言って見る人の自由であるから、そこまでは今回は追求しない。ただ、私が問題にしたいのは、最初の方で書いた、「10億もの金が正しく使われているのか!?」という点だ。

 今現在のテレビの世界において、24時間も電波を占有し、10億もの金を集めるなんていうのは、もはや「テレビ」の枠を超えている。敢えて大げさに言えば、「徴税」に近い程の影響力がある。そんな強力な影響力を持っている「募金(徴税)活動」に対して、「監視の目」がきちんと働いていないのは、果たしていかがなものであろうか!?

 日本テレビ首脳をはじめとして、24時間テレビに関わるすべての人達は、そういった「徴税」並みの影響力によって集めた10億もの「税金」を正しく使うようにする義務があるし、そうである以上、正しく使われているかどうかを見極める「監視の目」が必要なのは明らかだ。つまり私が言いたいのは、「24時間テレビで集まった募金の使い道を追跡調査・報告する第三者機関が必要だ」ということだ。


 何度も「徴税」などという言葉を使ったように、24時間テレビほどの影響力でもって集めた金は、「税金」にかなり性格が近い。であれば、その「税金」が正しく使われるように、第三者機関なり何なりの「監視の目」が絶対に必要であるのは明らかだ。最初に書いたように、いくら福祉自動車を寄付している「事実」はあっても、その中身が「使い物にならない」なんていうのでは、「税金」を支払った国民への「背任行為」と言ってもいいくらいである。中盤で書いた「影」の噂といった部分も含めて、視聴者も出演者も関係者もみんな、24時間テレビの「きれいすぎる」部分にばかりとらわれてないで、もっと「汚い現実」を、少なくとも放送後はきちんと直視する必要があるだろう。視聴者はともかく、日本テレビの首脳陣や、番組の主要出演者は、そういったことに心を砕く必要があると、毎年放送の時期になると、そう感じてやまない私なのである。
posted by SocialDead at 21:31
| 雑記

2006年04月02日

「欝」を逃げ道的理由に使った、悪質極まる犯罪だ!(川崎少年殺害事件の容疑者について)

 川崎で9歳の少年が高層マンションから転落殺害された事件の容疑者が自首した件については、もうみなさんご存知だと思う。この事件、殺人の疑いが強いと報道された時点から、個人的に怒りを禁じ得なかったが、今朝の新聞に載っていた容疑者の供述内容を読んで、はっきり言って「怒る」どころの話ではなくなった。この容疑者の殺害動機を一言で言うと、「欝病だからやった」ということになるからだ!(少なくともこういう報道内容だと、普通の人はそう捉えるであろう)

 はっきり言ってこの容疑者は、「欝」であることを、呈のいい「いい訳」にしていると断ぜざるを得ない。殺人という大きな罪をしたことについて、「欝なのだから仕方ない」と言っているようにすら思えてしまう。少なくとも彼には、欝であることを減刑理由に仕立てあげたい、という確信犯的意図があると見ても、それほどうがった見方ではないだろう。

 個人的に心配なのは、いまだに欝などについて偏見がかなり残っている今の日本社会が、この事件の報道によって、更にそういった偏見を強めてしまうのではないか?ということである。私は高校以来、15年以上欝と付き合っているが、自殺願望こそたっぷりあるものの、誰かを殺したいだなんて思ったことはない(殺したい対象がいるなら、それは自分だ)。そして何の罪も関係もない、幼い少年を殺すなんていうのは、論外中の論外!欝自体、個人差が激しい病気なので一概には言えないが、少なくとも「欝を持っている」=「誰かを殺すような犯罪を犯しかねない」ということでは絶対ない!・・・しかし、この事件によってそういった「偏見」が更に増えるであろうことは、まず間違いないと思われる。

以前、新聞に載っていた欝についてのアンケート結果によると、欝の人の隣に住みたくないと思ってる人が3割以上もいたそうだ。日本がこれだけストレス社会になってしまって、大手の会社や学校にはカウンセラーが常駐しているような現実があるのに、いまだに欝のような「初歩的な」精神関係の病気にすら、まだまだ偏見が根強くあることの、象徴的な事例である。そんな状況の中で起きてしまったこの事件によって、私たちのような「少なくとも人を害したりしない」多くの欝病患者の肩身が狭くなることは確実である。そういう意味で、欝を殺害理由に仕立てあげている今回の容疑者は、そういった供述によって前述してきた偏見を助長させるという、更に犯罪的なことをしていると言っても過言ではない。本当にこの事件は、悲しい感情と怒りの感情を強く感じざるをえない出来事である。
posted by SocialDead at 11:21
| 雑記

2006年03月09日

日本はたばこに対して甘すぎ!&最低限のマナーは守って!!

 いきなりですが、私はたばこが大っ嫌いです!そして、愛煙家の方々を敵にまわす覚悟でこう言わせてもらいます。

「たばこは有害以外の何物でもない!」

・・・と。

 そもそも日本は、たばこに対してあまりにも甘すぎます。まあこれは、JTなんていう世界的に見ても巨大なたばこ企業が、政府や官僚と超蜜月関係にあるせいでもありますが、だいたい街中のあちらこちらにある自販機で、(ほぼ)いつでも誰でもたばこを簡単に買えてしまうなんて状況は、特に先進国においては非常識にも程があります!(たばこ一箱1000円以上したり、普通の店で買える時間帯すら制限してる国だってあるんですから)

 こんなこと言ってる私だって、そりゃあたばこの数本くらい吸った経験はありますよ。でも全然おいしいと思わなかったですし、合計して2箱も吸ってないのに、歯にヤニが付くような状態だったんで、すぐやめましたけどね。ただこの経験で、たばこってものがどれだけ罪深いものか、身をもってわかりました。その罪深さとは、「吸っている人間はフィルターごしのきれいな煙を吸っていて、まわりの人達が超有害な副流煙を吸っている」ことです!!

 この事実を知って以降、マジでたばこほど自分勝手なものはないって思うようになりましたね。吸っている当人だけが不健康になるだけなら別に何も言いませんけど、その当人じゃなく周りにいる関係ない人達が、有害な副流煙を吸いたくもないのに吸っているなんて、これほど理不尽な話はないですよ!!


 何でこんなに怒っているかというと、前からも気になってましたが、今日を含めた最近、とみにマナーを守らずにたばこを吸っている人達に大勢出会って、その度に有害な副流煙を吸わされてるからなんです。愛煙家の方の中には、「たばこは生理現象」なんていうくらいの人もいますから、「たばこ」=「悪」なんていう短絡的な決めつけは、正直私自身もホントはしたくないんです。・・・しかし!もう「たばこ」=「悪」と決めつけても足りないくらい、たばこを吸う人のマナーの悪さが、ホント目についてならないんです!


 一番許せないのが、普通の街中で吸っている人達!あなたたち、そのたばこから出ている副流煙を、関係ない人達にたくさん吸わせてしまっている自覚がありますか?たばこの副流煙って、トラックの排気ガスよりも有害なの知ってます?あと火がついたたばこを持った手を平然と上下してますが、下に持った時なんか、特に子供達にその火や煙を押しつけるような状態になっていることわかってます?あと、今は100円ショップでも携帯吸いがら入れが売っているのに、平然と道路とかに捨てる行為、自分自身ひどいことをしてるって自覚あります?

 次に許せないのが、きちんと喫煙スペースが設けられている駅のホームとかで、そのスペース以外で吸っている人達!基本的に首都圏の鉄道のホームは、喫煙スペース以外禁煙だってこと、知ってますよね?あと、鉄道会社によっては、ラッシュの時間帯は全面禁煙だってこともご承知ですよね??でもあなたたち、そんなことはお構いなしに、平然と駅のホームでたばこ吸ってますよね。それがどれだけひどい行為か、自覚することすら出来ないんですか!?

 そして個人的に許せないと思っていることがもうひとつ。それは扉を開け放ってるパチンコ屋!パチンコ、私もかなり昔、ちょっとだけはまったからわかりますけど、パチンコしながらたばこ吸っている人って多いですよね。いや、パチンコ店でたばこを吸うこと自体は罪でも何でもないですよ(禁煙を銘打ってる店でない限り)。ただそんな状況ってことは、当然パチンコ店の中はたばこの煙で充満してるわけですよね。そんなたばこの煙で充満してる空気を、扉を開け放って店の外に思いっきり出しているパチンコ店はマジで許せない!!私がよく通る道にそういう店があるんですけど、そこを通る時はいっつも息を止めて通らなきゃなりません。何でそんな思いしなきゃいけないの!!??


 ・・・とにかく、日本はたばこに対して甘すぎで、結果的に、たばこを吸う人達のほとんどが、マナーを守らずに有害な副流煙をまき散らしている状況があちらこちらにあります。たばこを普段吸ってる人はわかんないでしょうけど、子供達や、私のようにたばこ自体にほとんど接して来なかった人間にとって、たばこは副流煙の匂いがするだけでも嫌な思いをさせられるものなんです。いや、「嫌な思い」だけならまだしも、「有害な副流煙」を無理矢理吸わされている身にもなって下さい。

 ホント、マナーを守って、子供を含めたたばこが苦手な私達が、副流煙をなるべく吸わないようにしてくれているなら、こんな記事は書いたりしません。でも現実はどうでしょう!?一部の自治体で歩きたばこを規制するなんて動きがやっと出て来ましたが、それですら従わない人達のオンパレードですよね!たばこを吸ってるみなさん、お願いですから最低限のマナーだけは守って下さい。そうしてもらえば、たばこを吸う人・吸わない人双方にとって、過ごしやすい社会になっていくでしょうから。
posted by SocialDead at 18:43
| 雑記

2006年01月19日

東証のもろさはひど過ぎ!

 ライブドアが今回は別の意味で世を騒がせてますね。まあ、前の記事にもちらっと書いた通り、私は個人的にホリエモンは嫌いなので、別にライブドアがどうなろうと知ったこっちゃありません。ただ、今回ニュースとかを見てて、あまりにも情けないのが、東証のシステムの弱さ!はっきり言って、東証なんてほとんど官僚体質な所ですから、今回のシステムがパンク寸前になって取引中止、なんていうのは、完全に今現在の時世を読み取れてない証拠ですよね。

 そもそも、今回のような事態が起こり得るっていうのは、十分予測できた事だと思うんですよ。インターネットで個人でも気軽に株売買ができるようになって、こういう事態になったらそういう個人投資家が一斉に動くってことぐらいは誰でも認識し得ることですし、それに加えて、ホリエモンの「違法」ではないけど「脱法」な手法によって、実力がない、でも買いやすくて成長が見込める(と思わせた)自社株が大量に出回っている状況や、「勝ち組」とされるIT系企業の盛況ぶりが、はっきり言ってバブルとそう変わらないってことをきちんと認識してれば、今回のことは十分予測できたはずなんです。別に私を含めた一般の人達はこんな認識を持つ必要ないですけど、東証の幹部やシステム管理関係者などは、これくらいの感覚を持ってて当然!!・・・でも出て来た結末は、システムがパンク寸前で取引中止なんていうとても情けない出来事であるわけで、そんな所が国内のみならず海外からも批判を浴びるのは当然と言えば当然です。


 この記事の中で私が一番言いたいことは何かって言うと、「やっぱり大きすぎる組織の上の人間って、感覚がズレてる!」ってことです。システム管理関係者なんかはともかくとしても、東証の幹部連中は、極端な話、「インターネット」なんて事すらわかってない人もいるんじゃないでしょうか!?ニュースとかで見る東証の映像って、いかにも「最先端の技術を使って取引してますよ〜」って言ってるようにも見えますが、トップの幹部あたりは、その東証のシステムにすら着いて行けてない人が絶対いると思いますよ。キーボードも触ったことない、なんて人がいても、正直私は驚きませんね(あきれますけど)。

 「システム管理関係者なんかはともかく」なんて書きましたが、この人達にも十分責任はアリアリです。辛辣なことを言ってしまえば、「コンピューターには強いけど、時世を読んだシステムを作れなかったのね」って皮肉を言いたくなります。前述の東証幹部連中もそうですが、こういう人達ってやってる事が専門的過ぎて、その専門分野以外の事柄が見えなくなってるんですよね(つまり外見のいい「おたく(悪い意味での)」)。特にコンピューター関連の人達は、プログラマーだったらプログラミングの事しか頭にない人が多いですから、ソースコードのきれいさばかりにこだわって、実際使う人の利便性を全然考えた作りになってない、なんていう事例が結構あるわけです。これを東証の幹部に当てはめると、経済のことばっかり詳しくて(経済おたく)、そういう人達の中では「経済」=「資金力のある企業や個人投資家の動き」となってしまっていて、結果的に(その人達から見ると)資金力のない個人投資家が今や星の数ほどいるなんてことは想像の外だったのではないかと、私はそう思います。


 最後に、今回の出来事を象徴する人の発言を、ここで引用します。「ライブドアざまあみろ」と内心思ってるに違いない、フジテレビ日枝会長の発言の一部に、「東証をストップさせるなんて前代未聞のことを引き起こしたライブドアは・・・」なんていう内容があったんですが、別にライブドアに肩入れするつもりはないですけど、東証がストップしたのは東証の時代感覚がズレ過ぎてるからだっ!!って突っ込みたくなりましたね。ライブドアは確かに、とうとう「脱法」ではなく「違法」行為があった事を暴かれようとしてますが、東証がストップした事については、少なくともライブドアに直接的責任はありません。東証幹部も含めたこの世代の人達には、インターネットなどは怪しいものにすら映ってるんでしょうが、もう今の時代はネット抜きでは語れません。一般人はともかく、メディアや世界有数の取引市場のトップなんて所にいる人達は、そういう感覚を身につけることは「義務」とすら言えるでしょう。頭にカビの生えた連中がそういう責任のある場所にいる事実がまたまた露呈されたことは、日本の大企業・官僚体質がまだまだ健在だって証拠ですね・・・
posted by SocialDead at 23:41
| 雑記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。