2008年05月31日

トークマスターと一緒に使うと便利かも知れないソフト「Lame Ivy Frontend Encoder」

 とうとうコサキン録音のために(ほぼ「コサキンのため『だけ』に」)、AMラジオをMP3録音できるほぼ唯一の機種、「トークマスター」を買ってしまった。コサキン録音のために色んな録音機種を買い換えてきた私にとっては、ついに極まるとこまで極まったという感じである・・・(^_^;

 −−「コサキン」についての私の苦闘・変遷等は、「コサキン」カテゴリの記事をご覧下さい。

 さて、そのトークマスターだが、デフォルトではAMラジオは32kbpsのMP3で録音されるのだけれども、トークマスター内のMP3エンコーダーがよくないのか、32kbpsだとかなりくぐもった感じの録音になってしまう。正直、こんなのでは聞きたくない。ビットレートを上げればそれなりの音になるのだが、当然ファイルサイズは大きくなってしまう。・・・っていうか、AMラジオ程度の音質だったら、ホントは32kbpsぐらいで十分なはずなのだ!

 ・・・というわけで、トークマスターでそれなりの音質で録音しつつ、なおかつファイルサイズを小さくする方法、つまり「128kbpsで録音して、音質をなるべく下げずに、32kbpsにビットレート変換する方法」というのを紹介したいと思う。

 使用するのは、フリーソフトの「Lame Ivy Frontend Encoder」。レジストリを使用しない、なおかつ普通では難しい「LAME.EXE」を使ったエンコードを簡単にしてくれる、かなり親切なソフトである。以下、作者様のホームページと、その中のダウンロード・ページ、そしてこのソフトに必要な「LAME.EXE」のダウンロード・ページのURLである。

 ★作者様ホームページ:「KKKKK.Net」http://kkkkk.net/
 ☆「Lame Ivy Frontend Encoder」ダウンロード:http://kkkkk.net/?key=soft.life
 ☆「LAME.EXE」ダウンロード:こちら
  ※1 「LAME.EXE」は「LAME 〜 Release」からダウンロード。「alpha」とか「beta」とか付いてない安定版がオススメ
  ※2 「LAME.EXE」リンク先は無効になる可能性もあります。

 各種ソフトのダウンロードが済んだら、「Lame Ivy Frontend Encoder」を適当なフォルダに解凍。「LAME.EXE」も同じフォルダに解凍しておく(とりあえず必要なのは「LAME.EXE」本体だけですが、「LAME_ENC.DLL」も他のソフトで結構使われるヤツなので、これも解凍しておいてもいいかも)。

 「Lame Ivy Frontend Encoder」を起動すると、以下の画面が出てきます。

LIFE 1.jpg

 赤い四角で囲んである「オプション設定」をクリック。なお、以下はとりあえず、「トークマスターで録音した128kbpsのMP3を、32kbpsに再エンコードする」ということに限って説明します。

LIFE 2.jpg

 具体的に設定しなければいけないのは、最初に出てくる「MP3設定1」のタブ(上記画面)の、赤い四角で囲んである所だけ。ビットレートの「Mono」を「32kbps」に、「チャンネルコード」を「モノラル」に設定(元々トークマスターでのAM録音自体がモノラルですし)。「サンプリングレート」は、更にファイルサイズを下げたい人は変えてもいいかも知れませんが、個人的には普通に「44.100Hz」を推奨します。

LIFE 3.jpg

 これだけで設定終わり!あとは、「Lame Ivy Frontend Encoder」本体に再エンコードしたいMP3ファイルをドラッグ&ドロップして、赤い四角で囲ってある「全曲変換」か「1曲変換」を押すだけ(それなりに変換時間はかかります)。ただし、その前に「エンコードモード」になっていることだけは確認すること(青い四角)。そうでないとWAVにデコードされてしまうので。


 ・・・以上のような方法で、「トークマスターでそれなりの音質で録音しつつ、なおかつファイルサイズを小さくする」ことが出来ました。ちなみに個人的には、この方法で出来る2つのファイル、トークマスターで録音されたAMラジオのMP3の音質(128kbps/Mono)と、それを32kbpsに再エンコードしたMP3の音質(32kbps/Mono)の違いは、全然わかりませんでした。iPodに2つとも入れてみて、スピーカーで聞いて検証しただけですけどね。・・・ただまあ、私の耳はいわゆる敏感耳にはほど遠い代物ですから、参考程度にこの部分の話は聞いてください。音質の違いが気になっちゃった方で、それでもファイルサイズは小さくしたい!っていう方は、ビットレートをお好みで変えてみたりしてみて下さい。このソフトでやってる再エンコード(LAME.EXEでのエンコード)自体は、かなり高音質で出来るはずなので。そういうわけで、「トークマスター」と「Lame Ivy Frontend Encoder」、オススメな組み合わせです(^_^)
posted by SocialDead at 16:01
| コサキン

2006年09月27日

はずれ、いや、「モレッ」ってしまいました・・・(コサキン六本木ヒルズ公開録音抽選の結果)

 下の画像の通り、コサキンの六本木ヒルズでの収録イベントは抽選に「モレッ」てしまいました(はがきにもそう書いてあります(^_^;)。

 せっかく久々の公開イベント&生麻里ちゃんを見るチャンスだと思ってたのに・・・コサキン&麻里ちゃんネタとして、ここの記事にしたてようとした私の野望はもろくも崩れ去ったのでした(悲)

コサキン六本木EXPOイベント・はずれ.jpg

posted by SocialDead at 21:27
| コサキン

2006年07月26日

麻里ちゃん直筆の超大作「男老人」!

 え〜、古いコサキンの録音から、関根勤さん&麻里ちゃんについての、誠にほほえましいエピソードを見つけました。

 以下の文章は、98年、関根勤さんが欽ちゃんの特別講演に出場する際、プロフィールで「10年後の自分はどうなっているか?」というのを書いている所を麻里ちゃんが見つけて、「全部私が作ってあげる」と言って作ったものです。まあとにかく、読んでみて下さい(^_^;

タイトル・「男老人」
★10年後
 肛門手術を控えてちょっと緊張気味

★20年後
 仙人と偽り山から出現。お父さんのワイドショー講座で1位になる。

★30年後
 宗教「しまりの悪い肛門教」設立。「えぐろう、肛門を」が流行語大賞受賞。
 肛門の再手術が失敗で、医者を相手取り裁判を起こすが、負ける。恥ずかしさのあまり、シンガポールに夜逃げ。

★40年後
 日本が恋しくなり、整形手術をする。聖徳太子になる(歴史上の人物を、日本では聖徳太子しか知らなかった)。日本で「ニセ聖徳太子、霞ヶ関に出没」のニュースで、お父さんのワイドショー講座でまた1位になる。

★50年後
 行く当てもなく、牛乳工場の近くに住み着き、捨てられた牛乳を飲んでいたら、下痢ピーピー!肛門手術の失敗のせいで、しまりが悪く、モレッ!浦安鉄筋家族の国会議員みたいに、爆発、モレッ!脱水症状。ウ○チまみれで死ねた本人は、満足そうな笑みを浮かべていた。


・・・この文章はすべて当時の麻里ちゃんが書いたもので、コサキンの放送で最初にこれを関根勤さんが発表した時は、小堺さんに「麻里ちゃんを是非放送作家にしたい」とまで言わしめた内容です(笑)いやでも、この時期ですでにこんな文章を書けるなんて、関根勤さんの娘だけありますね。さすが麻里ちゃん!(^^)


P.S. 「えぐろう、肛門を」は麻里ちゃんの作ったオリジナルのキャッチフレーズで、関根勤さんが「肛門掘られ隊」なんだそうです(^◇^;)また、逃亡先がシンガポールなのは、「おっちゃん(関根勤さんのこと)はシンガポール・エアラインしか知らないから」という理由だからだそうです(爆笑)
posted by SocialDead at 07:50
| コサキン

2006年06月26日

こんなとこまで「麻里ちゃん効果」が・・・(このブログが一時的に「超人気」になった理由)

 記事の末尾にごあいさつ程度につけてある、「人気ブログランキング」でのランクが、最近になって急激に上がって(一時は50位以内に入っていた)、そこからのアクセスも急増。「え、全然更新してないのに、何で!?」と思っていたら、本家コサキンでも話題になっていた、例の「麻里ちゃん効果」であったことが判明・・・(一応書いておきますが、「麻里ちゃん」とは関根勤さんの娘さんの関根麻里ちゃんのことです)

 一応、このブログにも「アクセス解析」なる機能を埋め込んであるのだが、それをよく見てみたら、麻里ちゃんの実質デビューだった6月17日(土)、普段は1日平均100件も訪問数のないこのブログに、なんと3万6千件以上ものアクセスが・・・そりゃ、これだけ来れば、ランキングも急上昇しますわな(超苦笑)

 そもそもこの現象、私は見てないのだが、麻里ちゃんのデビュー当日、スポーツ報知がかなりのスペースを割いて報じたことが直接のきっかけらしい。当日は浅井企画(麻里ちゃん、関根・小堺両氏所属の芸能事務所)のホームページに170万件ものアクセスがあった上、その余波としてこのブログはもちろん、コサキン関係のブログやホームページのカウントが急増した模様で・・・いやいや、「麻里ちゃん効果」、すごすぎ(^_^;


 ちなみに、自分でも「関根麻里」をキーワードに検索してみたところ、なんとあのGoogleで、2〜4番目に最初に麻里ちゃんについて書いた記事が表示された!こんな上位に表示されるなんて、自分自身が誰よりもびっくり!!どうやら、麻里ちゃんの記事としてはかなり早い時期に書いたことや、大量のトラックバックを頂いた事などが、ここまでの上位に押し上げた要因らしいけど(Googleのランキング方法は「超極秘」なので、ホントのとこはわかんないですが)、こんな位置、普通の会社だったら金を払ってでも欲しい位置ですよ!!


 ・・・そういうわけで、ランキング等で「期待して」このブログへたどり着いてしまった皆様、以上のようなわけで、はっきり言って「期待を裏切る」内容なブログでごめんなさいm(__)mあと、関根麻里ちゃんのネタ目当てにアクセスしてくれた方も、ネタがはっきり言ってかなり古くてホントにすいません・・・(__;)でも最後に言わせて下さい。麻里ちゃん、こんな零細ブログを、一瞬でも「超人気」にしてくれて(少なくとも私にとっては)、ホントにありがとう!!\(^^@)/
posted by SocialDead at 22:20
| コサキン

2006年04月26日

「コサキン」の基礎知識

 え〜、どうもこのブログ、コサキンネタ目当てに来てる方が多いようなので、ウケを狙って(笑)、しばらくコサキンネタを中心に書き込んでみたいと思います。


 「『コサキン』とはなんぞや?」という方のために、まず最初に簡単な説明を。「コサキン」とは、TBSラジオ(AM954kHz)で小堺一機さんと関根勤さんが放送している、ラジオ界では「超」が付くと言っても過言ではないくらいの人気番組です。ちなみに、コサキンの「コサ」は小堺さんの「コサ」のことで、キンは関根勤さんの「勤」を音読みしたものの組み合わせです。

 このコサキン、番組の時間帯やタイトルこそ違ってきてはいるものの、二人がコンビを組んでからスタートから25年、4月1日の放送では通算1500回目を迎えた長寿番組です。かなり長い間、水曜深夜の25時から2時間枠でやっていたので、時間帯的に「知る人ぞ知る」的な存在だったんですけど、数年前から土曜の24時からの放送に移り(TBSラジオでの話です。他のネット局での放送時間はわかりません)、それでまた新たに聞く人が増えたり(ラジオ界では「リスナー」と呼びます)、何年かブランクがあったけどまた復活した、なんて人も結構います。

 そして私はといえば、元々姉がほぼコサキン開始直後から聞いてるくらいのヘビーリスナーなんですが、その姉に中2の時に引きずり込まれました(^◇^;)これは今でもコサキン初心者にとって変わらないことなんですけど、最初渡されたテープを聞いた時、全くもって「意味不明」でした。おぼろげな記憶で、「アッシュ、アッシュ」と2人が言っていたことだけは今でも覚えています(でもこのフレーズの意味、いまだに私わかりません(^^;)。でも、これもいまだに言われていることですが、「とにかく1ヶ月我慢して聞いて」みたら、もう私はコサキン抜きの生活は考えられないようになってしまったというわけです!


 とにかくこの番組の魅力は、聞いてみないとわからない要素ばかりですので、とにかくちょっとでも興味を持たれた方は、是非一度ラジオの電波を合わせて聞いてみて下さい。前述のように、今現在は土曜の24時(日曜0時)から1時間という、普通の人でも非常に聞きやすい時間帯になってますので。特にこの番組、最初聞くと意味がわからないのはもちろん、小堺・関根両氏が、TVと全く違った顔を見せているのに驚くと思います(でもこっちの方が2人の本当の顔です)。でもホント、わけわからないながらも、最初の私がそうであったように、1ヶ月程我慢して聞き続けてみて下さい。それでもダメという場合は、単純に自分の嗜好と合わないというだけですので、それ以上聞く必要はありません。でもでも!多分1ヶ月聞着続けたあたりになったら、もうコサキンワールドに引き込まれている可能性は非常に高いと思いますよ!!ホント、下手な高視聴率テレビ番組よりも、ずっとずっと面白いと感じることうけあいですからっ!!


P.S. ちなみに、コサキンのホームページの左下の「WEB RADIO」のリンクから、放送内容を一部だけですけど聞くこともできますので、ADSL以上のブロードバンド環境を持っている方は、そこで「お試し」的に聞いてみて下さい(でもひょっとしたら今週分は、著作権関係が絡む要因が多かったので、あんまり面白くないかも・・・)。
posted by SocialDead at 00:16
| コサキン

2006年01月07日

実はかなりのセレブ、ムックン(小堺一機)!

 え〜、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。ここに色々と新年にあたって・・・なんて書こうと思ってたんですが、めんどくさくなってやめました(笑)そういうわけで、いつも通り時事的なネタを。

 タイトルを見ると誰のことを言ってるのかわからない人がいると思うので説明しておきますが、「ムックン」とは、先ほど放送されたフジテレビ系「メントレG」で超セレブな事が発覚した、小堺一機氏のことであります(前回の記事で書いたラジオ番組「コサキン」でのニックネームです)。

 まあ、言いたいことは既に書いてますけど、ムックンって実は超セレブリティだったのねっ!ってことです。そりゃ、「家=クローゼット」なんて評されるくらい、タケオキクチを中心としたブランド服を日々買いあさってるムックンですから、それなりの金持ちだってことはわかってたつもりでしたけど、アメックスのブラックカードまで持ってるとは思いませんでした。いや〜、ちょっとは、私を含めたコサキンリスナーに還元して欲しいです(爆笑)

 あと、自宅のAVルームは、はっきり言って自慢したくて公開してますよね(笑)私は全然ああいう高級AVに詳しくないので確たる事は言えないですけど、正直、機械の役割すらもわかってないで使ってるなんていうのは、贅沢の極みですよね!まあ、成功者の特権といえばそれまでですけど(それにしても、単純にうらやましい〜)

 ちなみに、「メントレG」の目玉である、「メントレ・レストラン」では見事に負けましたね(笑)ただ、最近知ったばかりというファクターを間引いても、一応庶民でも手が出る値段のものを選んだのは好感度UPって感じですかね(^◇^)自由が丘は、小学生の頃祐天寺(自由が丘と渋谷の中間)に住んでた頃よく通ってたので、行く機会があったらぜひ探して食べてみたいです(でも今の私にとっては、あの値段でも贅沢すぎる・・・)

 今週のコサキンの放送には反響のハガキとかは間に合わないでしょうが(っていうか、多分もう今週分は収録されてると思います(^_^;)、来週は絶対このネタが来ますね!って、実は私も、ちょっとだけハガキ職人になろうとした時があったんですが、ことごとくボツでした(爆)コサキンに来るネタを書いてる人達って、マジでプロの作家とかなんじゃないかって思いますよね!?(ちょっとでも興味を持たれた方は、ぜひともご試聴を。ちなみにTBSラジオで土曜深夜0時から絶賛放送中です!)
posted by SocialDead at 01:20
| コサキン

2005年12月29日

関根麻里ちゃん(関根勤さんの娘)きれいになった〜!(私のコサキン遍歴)

後追記1 なぜこの記事がGoogle等で上位に表示されるかは、こちらで釈明してます・・・(__;)スイマセン

後追記2 麻里ちゃんについてはこちらの記事をはじめ、カテゴリ「コサキン&関根麻里」でどんどん書いていく予定ですので、よかったらチェックして下さいm(__)m(「コサキン」の意味がわからない方は、この記事の半ばに解説がありますので、お時間がありましたらご覧下さい)


 ついさっき、DVDレコーダーに録画した、今日お昼に放送された「ごきげんよう」のスペシャルを見ました。目当ては関根勤さんの娘さん、関根麻里ちゃんのテレビ初出演!で、見てみて率直な感想は、「麻里ちゃん、きれいになった〜!」

 私が麻里ちゃんを初めて(そして今日を除くと最後に)見たのは、麻里ちゃんがまだ幼稚園か小学校低学年と思われる頃、関根勤さんが田中律子さんとテレ朝でやっていた子供向け番組で、CMに入る間際田中律子さんが観客の女の子の手を取りながら「麻里ちゃんだよ〜」と言ってちらっとTVに映った時でした。その頃、目が細くて普通の幼い女の子という感じの麻里ちゃんのイメージをはっきり覚えてる私としては、今日の成長した麻里ちゃんの姿を見て素直に驚きでした!いや〜、麻里ちゃん、お父さんに似ないで良かったね〜(笑)

P.S. あとでちゃんと見てみると、顔のパーツはかなり似ていることが判明(^_^;でも、関根勤さんのデビュー当時のような、麻里ちゃんの言う「おっちゃん、気持ち悪ぅ〜」な要素までは遺伝してない模様(^◇^;

 そもそも、何で私が、今日が本格的なTV初出演の関根勤さんの娘さんにこんなに詳しいかというと、関根勤さんが小堺一機さんと25年以上(!)続けているラジオ番組「コサキン」を、中2以来約18年間聞いているからなんですね〜(ちなみに私は現在32歳)。このコサキン、放送時間や番組タイトルを変えながらも、前述した通り25年も続いているんです!実際、ラジオの聴取率調査では毎回のように1位を取るなど、人気は今も衰えません。ちなみに、私はこのコサキンに姉に引き込まれたんですが、姉なんかは放送初回直後あたりから聞いている、私よりも更にヘビーリスナーだったりします。


 今現在、コサキンは土曜深夜24時(日曜0時)から1時間TBSラジオ系で放送されています。元々は水曜深夜25〜27時(木曜1〜3時)が指定席でしたが、一度ラジオとリンクしたテレビ番組がレギュラー化され、それが見事にコケて、その影響(と私は思ってるんですが)で、以来放送時間を転々と変えました。それで、数年前にまた水曜深夜に戻ったんですが、昨年の小堺さんの病気入院の件を理由にまたまた時間が変えられてしまいました。ちなみに現在は1時間番組となっているものの、収録時は前と変わらず2時間以上しゃべってるそうです(笑)


 もう私は、このコサキンを録音するためにオーディオ機器を買い換えてきた位はまってしまっています。最初はテープで録音していましたが(まだMDはありませんでした)、ラジカセの説明書などに「120分テープは使わないで」なんて書いてあるのを無視して同じテープを何度も使っていたらテープがはみ出て機械にからまってしまい、すぐに新しいラジカセを購入。そしてその新しいラジカセではしばらくすると録音した音が片方しか聞こえないなんていう状況になって、我慢できずにバイトした金をはたいてステレオコンポを購入。……しかし、テープ部分がかなり高性能だったその機種もやっぱり120分テープの酷使に耐えられず、その頃出始めだったMDの、更に当時珍しい機能であるモノラル録音機能(両耳を同じ音で録音する代わりに、ディスク表示時間の倍の時間録音できる)を備えた機種を購入。この時はテープと比べて格段に使い勝手のいいMDに対して、「時代は変わった!」などと喜んでましたが、今となってはホント古い話ですよね(苦笑)

 ちなみにそのMDマシンも、しばらくして後再三動作がおかしくなり、何度も修理に出した挙げ句、今所有しているMDCDコンポに落ち着きました。今の機種は、MDが4倍録音という機能を搭載していて(MDLP)、ディスク表示時間の最大4倍まで録音することが出来ます。その代わり、CDなどをダビングすると明らかに音質が落ちますが、コサキンはAMラジオなのでこれで十分でした。そして今現在に至っては、そのコンポとパソコンをつないで、パソコンで録音していたりします(MP3録音)。ちなみに録音ソフトはRecording Schedulerというフリーソフトで、この録音したものをやっぱりフリーソフトのmp3DirectCutというソフトでCM部分をカットしてコーナー毎に切り分け、それをあのiPodに入れて聞いています。我ながら、iPodの有用な使い方だと自負しております(爆笑)


 ちなみに、コサキンは次回の土曜深夜、正月の放送はお休みです(これって、長いコサキンの歴史的に珍しいんですよね〜。今までは正月でも放送してました)。でもでも、1月7日からは普通通りに放送しますので、ちょっとでも興味を持たれた方はぜひとも聞いてみて下さい。現在番組構成は、最初は小堺さんと関根さんのバカ話から始まって、その後この番組の真骨頂であるリスナーの投稿を元にした「意味ねぇ〜!」「くだらねぇ〜!」なディープな世界にはまっていきます(笑)。正直、最初は特に後半のそのディープな部分をまったく理解できないと思いますが(私も最初そうでした)、とりあえず前半の2人のバカ話だけでもいいですし、もしよかったら1ヶ月ほど我慢して聞き続けてみて下さい(ちょうど今は土曜の深夜という、普通の人でも聞きやすい時間帯になってますしね)。とにかくはまったらやめられませんよ!マジ、下手なテレビ番組よりずっとずっと面白く、かつ中毒性の高い番組です。ぜひともご試聴を!
posted by SocialDead at 17:05
| コサキン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。